日本ヘルダー学会


『ヘルダー研究』第21号〜23号 掲載記事

第16号〜第20号

第21号(2015年)

ヘルダーにおける人間の属性について――社会・統治・補償・教育
相澤伸幸
1
ヘルダーのフマニテート思想に関する一考察――その世界観ならびに人間観との関係から
寺川直樹
37
類比的思考の系譜――エルンスト・カッシーラーのKulturanthropologie再考
前田良三
71
マックス・シェーラーの哲学的人間学――人間形成論的考察
盛下真優子
109
【講演記録】わが国におけるガーデニング教育の導入と展開――園芸、クラインガルテン、子どもの庭、フレーベル、幼稚園
金浜耕基
145
【書評】シェリングの自然哲学と芸術観――松山壽一『造形芸術と自然――ヴィンケルマンの世紀とシェリングのミュンヘン講演』
山本惇二
167
2015年度日本ヘルダー学会春季研究発表会
173
2015年度日本ヘルダー学会秋季研究会
191

第22号(2016年)

グローバル化時代におけるヘルダーの翻訳論
金娟秀(眦聴缶)
1
「私があなたを好きだからって、それがあなたに何の関係があるの?」――ゲーテ『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』におけるフィリーネの「大胆な」言葉の「無私性」について
浅井英樹
31
探索的形成物としてのエリアス・カネッティ『もう一つの訴訟』――エルンスト・ブロッホ「探偵小説の哲学的考察」を手がかりに
相馬大樹
63
Tabubrüche und ihre Folgen als literarisches Sujet. Eine komparatistische Analyse von Schöpfungsmythen und Volkserzählungen in Japan und im westlichen Kulturraum
Matthias Wittig
107
医学の理想、あるいはヨーロッパ近代と向かい合う日本――北里柴三郎の『医道論』を巡って
林志津江
155
【書評】ユートピア文学の社会的機能史――Wilhelm Voßkamp: Emblematik der Zukunft. Poetik und Geschichte literarischer Utopien von Thomas Morus bis Robert Musil. Berlin/Boston 2016
前田良三
197
2016年度日本ヘルダー学会春季研究発表会
207
2016年度日本ヘルダー学会秋季研究発表会
225

第23号(2017年)

ゲーテの抒情詩『湖上にて』を読む――無意識と水のアナロジー
土谷真理子
1
失われた全一性を求めて――ヘルダーリンにおける構築性と言葉
林英哉
31
ネストロイの演技術と法領域の変動について
山崎明日香
63
【エッセイ】学会をめぐる断想
笹田博通
95
【書評】対象比較文化学の可能性について――Teruaki Takahashi, Yoshito Takahashi und Tilman Borsche (Hrsg.): Japanisch-deutsche Diskurse zu deutschen Wissenschafts- und Kulturphänomenen. CONTRASTE Studien zur japanisch-deutschen Kulturkomparatistik. Bd. 1
桑原聡
99
討論記録――『思想』のヘルダー特集を批評する
田邉恵子/岩佑太/加藤恵哉/鎌田ちひろ/厚見浩平/二藤拓人/橘由布季
109
2017年度日本ヘルダー学会春季研究発表会
167